Home > 建築士の二世帯設計

「二世帯住宅 リフォーム特集」 同居じゃないけど、共同生活?はじめての二世帯住宅は、リフォームが成功のカギをにぎっています。

一級建築士が考えると二世帯住宅はこんなに変わる!

リフォームは家族と工務店やハウスメーカーだけで進めることもできますが、設計事務所を営む一級建築士に相談をしてみるということも考えてみてはどうでしょうか。
もちろん、設計費用が別にかかってしまうので、費用が膨らんでしまうかもしれませんが、それ以上に価値のある素敵な住まいが得られるかもしれません。

建築家(設計事務所、一級建築士)が関わるリフォーム

設計事務所はたくさん存在していますし、それぞれにいろいろな建物を設計し、建築しています。 建築家によって差はあると思いますが、設計事務所に設計を依頼した場合には次のような傾向があります。

  • 施主の要望を実現することだけを考えず、建築家独自の発想で間取りやデザインを提案する
  • 既存のプラン集などを基準に考えないため、オリジナルの住まいが得られる
  • 建築家の個性(考え方)が反映される提案やプラン
  • 住まいにコンセプトやストーリー性が盛り込まれる(間取りや仕上げに理由がある)
  • 細部にまでこだわりがある
  • オーソドックスなプランよりも特長がある(言い方は悪いが突飛な)プラン

建築家は自分の手掛ける物件に対して自分らしさを出しながら、施主に満足をしてもらう提案をしようと考えています。 それが思いもつかなかったようなプラン(間取り)やちょっと極端かな?と思ってしまうような斬新なデザインなどを生みだす要因となっています。

施主の立場から考えると、そういった建築家の個性が自分たちとあっているかどうか?が一番重要になります。 いくら有名な建築家でも、その考えやデザインを「いいもの」と感じることができなければ、それは自分たちにとっては価値のないものとなってしまいます。

建築家が提案するプラン、その中に込められたコンセプトやストーリー性、それをきちんと受け入れ、共感、共有できるかどうかが、建築家と一緒にリフォーム(住まいづくり)を進めていく(あるいはスタートする)ためのポイントです。 自分たちの要望だけの住まいをつくるなら、むしろ建築家はいりません。 ハウスメーカーとは一味も二味も違うオリジナリティにあふれる住まいを作りだしていくために、建築家の力を借りてみることも1つの選択肢です。

▲ページトップへ

建築家が手掛けた二世帯事例

■ アーキッシュギャラリー

アーキッシュギャラリーimage

>>二世帯が暮らす家

■ 株式会社ウィークエンド

株式会社ウィークエンドimage

>>三世代参加型二世帯住宅

▲ページトップへ