Home > 二世帯プラン

「二世帯住宅 リフォーム特集」 同居じゃないけど、共同生活?はじめての二世帯住宅は、リフォームが成功のカギをにぎっています。

生活パターンで選べる二世帯リフォームのいろいろ!

二世帯リフォームは大きく3つパターンに分かれます。あなたの生活パターンや価値観、親世帯と子世帯とがどのような関係を保ちたいかなどを基準に自分たちにあったリフォーム形態を見つけてください。

二世帯住宅の建築形式は大きく3パターンに分かれます

(1)完全分離型

完全分離型は上下、もしくは左右に分離した形となります。マンションやアパートと同じイメージと言っていいでしょう。
完全分離型は、親世帯、子世帯それぞれにキッチン、お風呂、トイレなどの水廻りを持ち、1つの家の中に2軒分の機能を持つことになります。
左右で分離する場合、上下階で起こりがちな音の問題もなくなります。敷地面積に余裕がなければできませんが、音の問題を重視する場合にはお勧めです。ただ、2階建や3階建の場合、それぞれに階段が必要となりますので、その分居室などが狭くなってしまうというデメリットがあります。
上下での分離型は音への配慮が必要ですが、階段が1つで済むことや外部階段にすることにより面積的に余裕ができます。各世帯での生活は1階または2階で完結しますので、同線にも無駄がなく、高齢になっても生活しやすい間取りとなります。
完全分離型は親世帯、子世帯でプライバシーを保つことができ、気兼ねなく生活しやすいことが最大のメリットです。
また、税金面でも完全分離型は区分所有で登記ができ、固定資産税、都市計画税、登録免許税などの軽減措置が受けられます。

出典:新感覚の二世帯住宅(講談社)

(2)一部共有型

玄関、キッチン、リビング、ダイニング、お風呂などの一部もしくは複合して親世帯と子世帯で共有するタイプです。
どこを共有部とするかは、親世帯、子世帯のそれぞれの生活パターンなどを考え、家族でよく話し合って決めてください。
理想ばかりを追って、みんなで仲良く共有する部分を多くしてしまうと後でいろいろと問題が起こってしまいます。多少堅苦しい感じになっても分ける部分はしっかり分けておいたほうが将来にわたってお互いが気持よく生活することができます。
玄関、玄関ホールを共有すると出かけるときや帰宅した時がお互いにわかります。親世帯、子世帯それぞれにお客様が多かったり、どちらかが夜遅くに帰宅することが多い場合などは分離をしたほうがよいかもしれません。
キッチンを共有することで家事を協同で行うことが促進されると思います。娘夫婦との二世帯などの場合に多く見受けられます。親子一緒に食事の支度をしたり、子世帯が共働きで親世帯が孫の食事を準備する場合などに適します。親世帯と子世帯で食べるものが異なったり、食事の時間帯がずれてしまう場合などは期待した通りの使い方ができなくなってしまうことがありますので注意してください。
お風呂の共有は光熱費の節約などのメリットがあります。掃除をどちらがするか、シャンプーなどの使い方や片づけなどをしっかりしたりするマナーを守ることがお互い気持ちよく生活するためには必要になります。
その他、階段スペースを共有してスペースをうまく節約する例もあります。
せっかく一緒に住むのですから、ある程度交流の場を作って、お互い相手の存在を感じながら気持ちよく生活できるプランを作ってほしいものです。

出典:新感覚の二世帯住宅(講談社)

(3)完全共有型

「同居」という言い方もできるかもしれませんが、親世帯、子世帯でそれぞれ個別の空間としては居室だけで、玄関、キッチン、トイレ、お風呂などはすべて共有。間取りとしては一般的な戸建て住宅とさほど差はない状態となります。
建築費用を抑えられ、共有部分が多い分、光熱費などのランニングコストが抑えられるメリットがあります。
従来の日本の家族の姿とも言え、大勢でにぎやかに暮らせることが最大のメリットです。
但し、プライバシーの確保が難しく、お互いに干渉しやすい状況となります。基本的には同じ空間で生活をするため、お互いが顔を合わせる時間も長くなります。
共有する時間が多い分、プライバシーを確保できる空間もあわせて持つことが重要かもしれませんので、リフォームの際にはその点にも配慮しましょう。

出典:新感覚の二世帯住宅(講談社)

▲ページトップへ